2017年3月 佐藤講師のヴォイストレーニング

「声を出し始めたのはいつですか?」
生まれてすぐからですよね。

では、学校などで「正しい口の開け方を習ったことはありますか?」

習った記憶ないですよね。いろんな人をなんとなく見て、なんとなくものまねして出していると思います。

「話す時や歌う時に、意識して息の量をコントロールできますか?」

息の量を意識したり、まして、息の量をコントロール?なんてしてないですよね。

皆さんが目指しているタレントと言われる表現者の方々は、「意識して声を出すこと」をしているんです。

皆さんが何げなく行っていることです。

 

「滑舌(かつぜつ)が悪い」と話している言葉が相手に伝わらないので、

「滑舌を良くすること」はとても重要なことの一つです。その滑舌が良いかどうかは

「正しい口の開け方が出来るか?」一つの要因なのです。

フルートやトランペットなどの楽器は正しい口の形をしていないと音が出ないです。

「正しい口の開け方が出来ない」のは音が出ないや変な音になるのと実は同じことなのです。

 

長く話ししたり、歌ったりする時に、息をたくさん使えるようにする為のトレーニング方法に「ロングトーン」があります。

「ロングトーン」は、まずは腹式呼吸をマスターし、

そして、吐く息の量を意識してコントロールしながら出すことが大切なんです。

 

佐藤講師は云う。「声帯はとても繊細なもので、消耗してしまうもの」なのです。

声を使う前に、喉をあたためる「ストレッチ」「息吐き」「リップロール」

をしっかり行ってから、声を出すように鹿児島校で心がけています。

毎回、喉の調子をチェックしながら、プロとして「声を使う」為に必要なことを学びます。

 

皆さんが何げなく話す発声は、日本全国同じと思われていると思いますが、

佐藤講師や演技の竪山講師は云います。「九州特有の発声をしている」とのこと。

九州出身者の弱点を克服することもレッスン内に取り入れています。

「アタックをつけること」これがなかなか難しい!!

 

プロの表現者になるには「意識して声を出すこと」が重要です。

意識して声を出してみるといろんな発見があるとレッスンをしながらいつも感じます。

 

「意識して声を出す」ことを身に付けプロの表現者(タレント)になる!!

「夢を現実に~君の個性を磨く場所~サンミュージック・アカデミー鹿児島校」

オーディション申し込みはこちらから⇒https://sunmusic-kyushu.com/audition/

 

レッスン生の出演実績

レッスンを受けたレッスン生のメディア出演実績

CM

ドラマ・TV

映画

舞台

過去のレッスンレポート

もっと見る