2017年3月 竪山講師 演技レッスン

あなたは九州出身者ですか?あなたは方言を話しますか?

鹿児島出身者は鹿児島弁の方言を使われている方が一般的だと思います。

一言で鹿児島弁と言っても、多種多様で、イントネーションなどが鹿児島弁という「からいも標準語(鹿児島訛り)」を使用されている方が多いと思います。

表現者(タレント)になる為には、普段使用している言葉以外に「標準語」を身につけることが必要です。

方言は、皆さんの特技として忘れずにいつでも使えるようにしておくことが大事です。(その方言の地区が舞台になったドラマや番組などで重宝されます)

「英語」を覚える感覚で、「標準語」も身に付けることが一番望ましいです。

今回のレッスンは、「標準語」をマスターするレッスンを行いました。

これは、根気強く、繰り返し、繰り返し行うことで習得していくことが一番の近道!

先生から頂いたキーワード「言葉に敏感であれ!!」

身に染みるお言葉を頂きました。

レッスンは、校内公演で披露する「心の虹」という芝居を竪山講師からアドバイスを頂きながら、ブラッシュアップして行きました。

この芝居は、それぞれの個性をいかし

レッスン生が脚本、演出の芝居でレッスン生がプロデュースしました。

「標準語の習得」「プロデュースする力」を身に付け、

プロの表現者(タレント)になる!!

「夢を現実に~君の個性を磨く場所~サンミュージック・アカデミー鹿児島校」

オーディション申し込みはこちらから⇒https://sunmusic-kyushu.com/audition/

 

レッスン生の出演実績

レッスンを受けたレッスン生のメディア出演実績

CM

ドラマ・TV

映画

舞台

過去のレッスンレポート

もっと見る